エアコンクリーニングの必要性について

Pocket

最近はエアコンクリーニングを自動で行ってくれるエアコンも販売されていますが、エアコン掃除機能は、ほとんどの場合一番外側のエアーフィルターに溜まったゴミを掃除する機能です。
しかし、屋内エアコンの本体内部には熱交換器部分があります。
この場所はエアコンの空調機能に取って重要な箇所です。

特に冷房や除湿機能を使うとその部分が冷たくなり、熱交換と共に空気中の水分が結露として、ドレンホースから外に排出されるように設計されています。
そうすることで除湿と室温を低下させます。
冷房などの停止後に一定時間送風運転をして水分を蒸発させる機能が最新のほとんどのエアコンにはついていますが、完全に蒸発させることができないため、その部分にカビなどが発生する原因になります。
カビが発生すると運転中に嫌な臭いがしたり、熱交換器の効率も悪くなります。
そこで、定期的にエアコン掃除専門はエアコンクリーニングを行うと、空調機能の効率を上げ、節電にもつながります。
しかし、この部分は様々な基盤や配管が密集する大切な場所です。
そのうえ、内部を掃除をしようとしてもそこまで手が届かないことがほとんどです。
また、水圧や強力な塩素を用いると基盤や金属を傷める危険性があるため、内部のエアコンクリーニングは専門の業者への依頼が確実な方法になります。
普段はエアコン本体の一番外にあるフィルターを掃除して、使用頻度に応じて定期的にクリーニングを行うことで運転時の嫌な臭いの改善やカビの胞子が室内に巻き散らかされる可能性を少なくできます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP