事故物件や訳あり物件について

Pocket

事故物件、訳あり物件とは名前からもわかるようにいわゆる通常とは異なるいわくつきの物件の事を言います。
このような物件は、住んでいた人が事件や事故、あるいは自殺などによりその部屋で命を落とした場合であったり、怪奇現象が起こるとされている物件であったり、または物理的に重大な欠陥を抱えている建物や土地に建設されている物件であったり、近隣トラブルが発生していたり近隣に嫌悪施設があったりなど多種多様な訳ありの条件がついています。

そのため、住むにあったってはそれなりの覚悟が必要になる場合も多くありますので注意が必要となります。
ただ、このような事故物件・訳あり物件は物件としていわくつきであるがゆえに物件としての相場は本来の半値以下になる物件も多くあり、都内であっても考えられないような値段で物件を借りることが出来ます。
そのため、少しでも格安の物件を探している人はあえてこのような事故物件や訳あり物件を探して契約する人も多くいます。
またこのような物件に関しては不動産会社も借りる人に告知義務があり、きちんと事故物件、訳あり物件である理由を説明することが義務付けられており、このような物件とは契約したくない人は知る権利があり、もし知らないまま契約してしまった場合は法的な措置をとることが可能です。
事故物件・訳あり物件は気にならない人にはお宝のように条件が良い物件もたくさんありますので、まずはその物件がなぜ事故物件・訳あり物件なのか聞いてみることをおすすめします。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP