介護士の仕事内容って?

Pocket

年々高齢化社会になってきている日本には多くの高齢者が存在しており、普段は自立して生活している人も多いのですが中には介護を必要としている人たちも多く、寝たきりや車椅子生活となって日常の中で介護を必要とする人たちの割合も増えてきています。
そのような人たちに介護サービスを提供する代表的な職業となっているのが介護士であり、今の日本にとってはなくてはならない存在となっているのです。

では実際に介護をするに当たって、介護士の仕事内容とはどのようなものがあるのでしょうか。
これは介護士が所属している介護サービスの種類によっても異なっているのですが、共通している部分としては日常生活の支援があります。
食事・排泄・清潔・移動などその人ができないことに対しての援助や介助を行っており、どの程度援助をするのかというところを把握して実行するようになります。
そのため人のよってはどの程度の介護を受けることができるのかが異なっていますし、あくまでもできなくなっている部分を支援することが介護であるため、できる部分や能力はそのまま活かすことができるように支援することも介護士の役割といえます。
また、自宅にいる高齢者に対しての仕事内容としてはほかにも買い物や掃除、料理や病院への付き添いなどもあり、その仕事内容は多岐に渡って存在しているといえます。
ただしこれはあくまでも介護計画と呼ばれる計画書に基づいて行われるということが原則であり、それ以外のサービスを行うかどうかは業者によって異なっているようです。