マスクは放射能に効果的!

Pocket

日常生活でも放射能を効果的に防ぐ方法はいくつかあります。
その中でも基本中の基本なのが、雨に濡れないことと、マスクをすることです。
外の空気中にある放射能から身を守るには、長袖長ズボンを着たり、マスクをして口や鼻からの侵入を防ぐのが大切です。
ただし、マスクなら何をしていても放射能に効果があるかというとそうではありません。

放射能性物資はミクロンサイズのとても粒子が細かいものなので、付けていてもスースーするようなマスクであれば、顔に付けていても隙間からかんたんに放射能性物質が入ってきてしまうため高い効果は見込めないので、本格的に放射能を防ぎたいのであれば専門の規格をクリアしているようなマスクをするのがおすすめです。
たとえば、アメリカの労働安全衛生研究所が定めた規格にはN95というものがあり、とても高性能のフィルターが使われています。
それに顔に着けてみた時にも密着性を高めるような構造をしているので、容易にウイルスや放射能性の物質が侵入してくることはありません。
こうした本格的なマスクが手に入らない場合も、外から帰ったら髪の毛や衣服をはらい、うがいをしっかりするなど、基本的な予防方法を実践することが大切でしょう。