東京で葬儀を行う際に必要なもの

Pocket

日本の中心部となる斎場 東京で葬儀を行う場合は、斎場や火葬場が混雑しており予約が取りにくい状態にあります。
特に慢性的な混雑の状態となっているのは火葬場を併設した斎場で、冬場では長いと1週間先まで予約が取れないことも多いようです。
東京は土地の問題で火葬場が比較的少なく、混雑になりやすい傾向にあるため、葬儀社の人と相談しつつ早めの対処を行っておくのが最も重要なポイントとなります。

そこで、すぐに使える斎場や火葬場を探そうとすると、必然的に料金が高くなるため、ある程度の費用が必要になってきます。
予想していた場所より遠方になれば、その距離を移動するための送迎バスが必要になります。
葬儀に出席する人のリストアップを行うと共に、場合によっては宿泊費なども必要になることもあります。
葬儀社では様々な費用をパッケージ化した定額制のものもありますが、途中で変更になった場合は別料金が発生することもあるので、予め多めの予算を取っておくことが重要です。
神式 葬儀で葬儀を行うと葬儀の進行から異なります。
葬儀費用の大半は香典で賄われるため、香典収入を概算で算出して予算に割り当てることになりますが、最初からギリギリの予算で組んでしまうとオーバーすることも多いので、少なめに見積もっておくと良いとされます。