ニューヨーク証券取引所の歴史

Pocket

ニューヨーク証券取引所は世界で最も時価総額の大きい証券取引所です。
FXをすることは会社で禁じられている副業扱いになるのか
世界の30%近い証券がこのニューよく証券取引所に存在しています。
その歴史はそこまで長くなく、18世紀前半に組織化されました。
日本の企業も2016年の時点で17社が上場していますが、審査が極めて厳しいことでも有名です。
またナスダックと企業の争奪を行うこともあります。

その市場規模から世界の経済に大きな影響を与えることがあります。
1929年には世界恐慌発祥の地となりました。
上場企業は2700社ほどありますが、ダウ工業株30種平均という特定の企業の平均株価を指数としたものも存在します。
ニュー翌で株価が上がれば翌日の東京市場も株が上昇するように、ニューヨーク証券取引所の結果が世界の他の取引所にも大きな影響を与えます。
ニューヨーク証券取引所を運営するNYSEグループは2006年にユーロネクストと合併し、NYSEユーロネクストとなりました。
取引がスタートするときに鐘を鳴らすシーンはニュースでも見たことがある人が多いのではないでしょうか。
23時半から6時、サマータイムの場合は22時半から5時までが取引時間となっています。
この時間にはアメリカの経済指数が発表されることもあり、指数の結果次第では大きく動く銘柄もあります。
日本のように取引中に休憩時間はありません。
また取引時間内にロンドン市場が終了するため、取引開始直後は活発な売買が見られるのも特徴です。