訳あり物件と呼ばれる事故物件って知ってますか

Pocket

家探しの時に、事故物件と呼ばれたり、訳あり物件と呼ばれる建物はなかなか購入する人がいなかったり、告知義務などがあるので、やはり自殺があった部屋や、墓地が近い家などは避けられることが多いです。
このような事故物件や訳あり物件を購入者にたいして開示している情報センターという機関があります。

ここでは、このような扱いが難しい物件を、売却するサポートはもちろんのこと、購入したいという人に対してのサポートも行っています。
事故物件や、訳あり物件を購入するメリットとしてはやはり、立地の割に格安で購入できるという所があります。
周辺の建物と比べると20%から30%安くなった価格で買うことができるときもありますので非常にお得です。
また構造や内装には何も問題がありませんし、リフォームなどをすればさらに住み易くなります。
特に、マンションなどの廊下などの共有部分での事故や、今建っている物件の前の土地で何か事故があった場合も告知義務があります。
つまり、住む建物やお部屋自体には何も問題がないケースがあるのです。
それであれば、人によっては何も気にならないと感じる人は多いです。
また、実際に事故物件や訳あり物件を購入した人による購入体験談も非常に参考になります。
やはりリーズナブルな予算で、人よりもお得に購入できるメリットを感じる人は多いです。
また、事故物件や訳あり物件を実際に売却したいと考えている人は、この情報センターで一度相談をすると良いです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP