Tag Archives: 事故物件

事故物件とは

事故物件というのは、不動産に何らかの事件があったという過去のある物件のことです。
しかし明確な定義というものがないので、なにが事故物件になるのかは不動産業者によっても多少違いがあります。
一般的には建物内で人が死ぬような事件があった場合を言います。
例えば自殺や他殺、不審死や事故死などがそれに当たります。
Continue reading →

事故物件や訳あり物件について

事故物件、訳あり物件とは名前からもわかるようにいわゆる通常とは異なるいわくつきの物件の事を言います。
このような物件は、住んでいた人が事件や事故、あるいは自殺などによりその部屋で命を落とした場合であったり、怪奇現象が起こるとされている物件であったり、または物理的に重大な欠陥を抱えている建物や土地に建設されている物件であったり、近隣トラブルが発生していたり近隣に嫌悪施設があったりなど多種多様な訳ありの条件がついています。
Continue reading →

訳あり物件と呼ばれる事故物件って知ってますか

家探しの時に、事故物件と呼ばれたり、訳あり物件と呼ばれる建物はなかなか購入する人がいなかったり、告知義務などがあるので、やはり自殺があった部屋や、墓地が近い家などは避けられることが多いです。
このような事故物件や訳あり物件を購入者にたいして開示している情報センターという機関があります。
Continue reading →